なにかおもしろいこと

ビットガールズ楽しみ方

ビットコインはじめたらやってみることでも紹介した「ビットガールズ」というテレビ番組について、もう少し詳しく楽しみ方を説明したいと思います。
ビットコイン関連の番組と紹介しましたが、残念ながら今のところ番組内でビットコインについては触れられていません(笑)
でも、番組にからめてビットコイン(暗号通貨)を使った企画がいくつか並行して行われているので、全く関係ない訳でもないです。
ビットガールズは、TOKYO MXで金曜深夜に放送されています。他には、エムキャスというアプリやYouTube(英語、中国語字幕付き)でもみれるみたいです。

 

普通に番組を見る

「ビットガールズ」は、それぞれ一芸をもった女の子で構成されていて、彼女達をプロデュースするという設定のトーク番組です。
例えば、一輪車、怪談、コスプレ、YouTuber、日本舞踊、バルーンなどの得意分野を持ったメンバーが出演していて、ビットコインを知らなくても楽しめる内容になっています。というか内容自体は全然関係ないです(笑)
アンタッチャブルの柴田さん、吉木りささんが司会で、毎回ゲストを呼んで「売れるにはどうすればいいか」を教えてもらう形で進行していきます。

 

www.youtube.com

トレカブを買う

トレカブとはトレーディングカードと株を合わせた言葉で、カウンターパーティートークンで発行されています。
トレカブはメンバー毎に同じ量が発行されていて、zaifという取引所で売買する事が可能です。
このトレカブの時価総額によってビットガールズ内でのランキングが決まり、ランキングによって番組での席順が決まります。
応援したいメンバーのトレカブを買う事で、時価総額アップに貢献することができます。トレカブはJPY、BTC、一部のアルトコインで買うことができます。
株やビットコインと同様に、安く買って高く売れば儲けられますが、あまり頻繁に取引されていないので、それほど期待できないかと思います。
この他、トレカブの所有数に応じて、後ほど紹介するHYOUやPACHIが定期的にもらえます。時価総額でも投票でも応援したい場合は、トレカブを買えばいいと思います。
他にたくさんトレカブを集めると番組見学に応募できたりもするみたいです。

zaif.jp

 

ICOに参加する

トレカブを手に入れる方法として、ICOに参加するという方法もあります。
新しく発行されるトレカブの予約購入みたいな感じです。これもzaif上で参加することが可能です。
ちょうどseason1-block3のICOが1/23から始まるので参加してみたい人にはいいタイミングです。

bitgirls.io

 

投票する

番組内では、「お気に入りの女の子に投票して下さい」との案内があります。
これだけ聞くと、「投票サイトでクリックするだけ」というイメージを持つかもしれませんが、実際には違います。
HYOUかPACHIというカウンターパーティートークンを入手して、そのトークンを指定のアドレスに送信することで投票することができます。
ブロックチェーン上にこの投票結果が記録されるので、誰でも確認可能で改ざん不可能です。(でも、運営が自分で発行したHYOUトークンを使って、結果を操作することは可能な気がしますがどうなんでしょうか。)
もし、カウンターパーティートークンを使ってみたいけど使い道がないという人がいたら、オススメです。
ただし、ブロックチェーンの特徴により投票システムとしては少し使いにくい点があります。

 締切が時間ではなく、ブロック数なので少し分かりにくい

 トランザクションが溢れていると、投票反映に時間がかかってしまう

締切ブロックに間に合わないとトークンが無駄になってしまうので、とりあえず、時間に余裕を持って投票した方がいいと思います。
HYOUとPACHIの2種類の投票があります。今のところ、どちらの投票も1位獲得のご褒美は毎回同じですが、他のご褒美ネタにも期待したいです。

 

  • HYOUで投票

15秒PR

HYOUトークンを使った投票です。投票期間は1週間くらいです。この投票で1番HYOU を集めたビットガールは番組最後の15秒PRを獲得します。
だいたい大株主がどかっとスゴイ量のトークンを投票して、ほぼそれで結果が決まるので、少ししかHYOUを持っていない場合はあまり面白くないかもしれません。
締切前でも途中結果を確認できるので、開始したら早めに投票して自分のHYOUが届いたのを確認すると、大株主が動くまでは楽しめると思います。

 

bitgirls.io

テーマソングの選抜メンバー

新しく番組テーマソングを歌うメンバーを決めるための投票(正確にはビットガールズ選抜メンバーを決めるための投票)も実施されるようです。
完成版ではありませんが、すでにテーマソングが公開されています。歌詞がおもしろくて、暗号通貨が好きな人は思わず笑ってしまうと思います。完全に暗号通貨をやってる人がターゲットで、それ以外の人に意味がわかるのかあやしいです(笑)
歌う本人達もわからないんじゃないでしょうか。意味が分からなすぎて歌いたがらないメンバーがでてきたりとかありそうで、それを含めて楽しみです(笑)
この投票で選ばれたビットガールズ選抜メンバーとShowroom で選ばれたメンバーが対決して、最終的にテーマソングを歌う人が決まるとのことです。最終選考の方法はまだよく分かりません。

bitgirls.io

 

  • PACHIで投票

PACHIトークンを使った投票です。投票期間は番組放送中の30分です。この投票で1番PACHIを集めたビットガールは番組のタイトルコールを獲得します。
投票期間が短くかつ深夜なのであまり持っていない人でもHYOUより楽しめるんじゃないかと思います。大株主さんが寝ていることを祈ってPACHIを送りましょう(笑)

 

bitgirls.io

ビットコイン秘密鍵獲得競争

賞金が入ったビットコインアドレスの秘密鍵を見つける競争です。
ビットコイン秘密鍵の一部が番組中に隠されているので、それらを見つけだし組み合わせて、秘密鍵を1番早く見つけたひとがビットコインを手に入れることができます。
はじめはツールを作って参戦している人もいましたが、最近はビットガールのツイート内にヒントがあったり、なぞなぞっぽい要素もあったりで、ツールが作れない人でもチャンスがあるかもしれません。
でも、秘密鍵を見つけた方のブログを見るとかなり難しそうです。

bitgirls-nemkd12.hatenablog.com

事前に秘密鍵からビットコインをスウィープする方法は調べておいた方がいいかと思います。

 

ビットガールズとチャットする

時々ビットガールズのメンバーがzaif上のチャットに来ているみたいです。
Zaifチャットで待っていれば、ビットガールズと話しができるかも知れません。
放送日に現れることが多く、内容はだいたいHYOUとかPACHI投票のおねだりが多い印象です(笑)

 

ビットガールズに出演する

Showroomというアプリの企画でビットガールズにゲストとして出演出来るかも知れません。
女性限定で、条件を満たした先着4名の方が対象だそうです。

www.showroom-live.com

 

 

本ブログでは、ビットコインによる寄付を受け付けています。
寄付していただいたかたにはお礼として、Counter PartyトークンのJAGAトークンをお返しします。

Donate with IndieSquare

マジックアワー

昔、「少年旅人」(「旅人少年」だったかも…)というブログが好きでした。
旅先の写真と一緒に旅行のエピソードやTipsを紹介しているサイトでした。
地元の人との交流のような楽しい話しや、チョット危ない目にあった話しなど、そのころあまり海外旅行をしたことがない自分にとって、とても興味深い内容でした。残念ながら、今は検索しても見つかりません。


そのサイトでマジックアワーというのを知りました。マジックアワーとは、日没から数分後の、写真がキレイに撮れる時間のことだそうです。
そのサイトでは、マジックアワーの説明と一緒に写真をとる際のポイントも紹介されていました。そのポイントは、

  • 日が沈んですぐではなく、暗くなったくらいがいいタイミング
  • カメラのシャッター時間長め(デジカメのオート機能でOK)
  • カメラは三脚などに固定(シャッター時間が長いので手で持つとブレやすいので)
  • セルフタイマーで撮影(ボタンを押した時にブレてしまうので)

 

旅先では日没時にこれを思い出して写真を撮るようにしています。
普通のデジカメのオート機能でキレイな写真が簡単にとれます。
自分は三脚を持ってないので、カメラを下に置いたり、カメラを持つ手を手すりとか何か動かないものにあててブレにくいようにしてとってます。
自分がとった写真を紹介します。

 

メリダ(メキシコ)
f:id:buenviaje:20170116235402j:plain

 

イスラ ムヘーレス(メキシコ)
f:id:buenviaje:20170116235542j:plain


三江(中国)
f:id:buenviaje:20170116235821j:plain


ハバナキューバ
f:id:buenviaje:20170117000129j:plain


ガパリ(ミャンマー
f:id:buenviaje:20170117000444j:plain

レイキャビクアイスランド
f:id:buenviaje:20170117000733j:plain

 

 

本ブログでは、ビットコインによる寄付を受け付けています。
寄付していただいたかたにはお礼として、Counter PartyトークンのJAGAトークンをお返しします。

Donate with IndieSquare

マネーフォワードに他人のビットコインアドレスを連携

普段、銀行口座の残高やクレジットカードの利用履歴を確認するのに、マネーフォワードというアプリを使っています。
先日このアプリがビットコインに対応している事に気づきました。
前はどこか取引所のアカウントに対応していた記憶ですが、いつの間にかビットコインアドレスと連携できるようになってました。

 

連携に必要な情報が気になったので試してみたところ、ビットコインアドレスのみでOKでした。秘密鍵は必要ありません。
ビットコインアドレスはビットコインを送る際に送金先として指定するもので、誰でも使えるものです。また、現在どのアドレスにいくらのビットコインがあるのかも誰でも知ることが可能です。
つまり、自分が管理していない、誰か知らない人のビットコイン残高をマネーフォワード上で自分の資産に加える事ができる(勝手に連携できる)という事になります。

 

試しにやってみました。
せっかくなので、出来るだけお金持ちなビットコインアドレスを探しました。
Bitcoin rich listで検索します。

 

f:id:buenviaje:20170114014634p:plain

 

リッチなビットコインアドレスを紹介しているサイトがあったので、そこから一番上のアドレスをコピーしました。

f:id:buenviaje:20170114014650p:plain

 
マネーフォワード上で「口座追加」を選択し、「ビットコイン」で検索。「ビットコイン(アドレス管理)」を選択し、コピーしたビットコインアドレスをペーストするだけです。
連携がはじまり、完了すると一覧に反映されます。

f:id:buenviaje:20170114014719p:plain

 

資産総額が120億円になりました。もちろんほぼ100%が知らない人のビットコインですが(笑)
下はビットコインだけの残高です。

f:id:buenviaje:20170114014741p:plain

 

複数のビットコインアドレスと連携すれば、もっと資産を増やせそうです(マネーフォワード上での話ですが)
知らない人のビットコインアドレスを連携して、マネーフォワードの資産総額を水増しできました。
普通は資産総額を誰かに見せたり、誰かから見せられたりすることはないと思いますが…

 

しばらくこの状態で放置したらどうなるんでしょうか?
マネーフォワードから送信メールの内容が超リッチ向けの内容(無人島買いませんかとか笑)に変わったりするんでしょうか?
連携したアドレスからビットコインが動いた際にアラートメールが来たりするんでしょうか?

 

 

本ブログでは、ビットコインによる寄付を受け付けています。
寄付していただいたかたにはお礼として、Counter PartyトークンのJAGAトークンをお返しします。

Donate with IndieSquare

ビットコインはじめたらやってみること

最近ビットコインを始めました。
はじめは価格が上がって儲けがでればいいなーと考えていましたが、いざ持ってみると実際に使ってみたくなったり、アルトコインの存在を知ってしまったり、取引所で取引する以外にもっと楽しむ方法があることがわかりました。
ビットコインをはじめたばかりの人向けに、他の暗号通貨も含めたビットコインの楽しみ方みたいなものを自分が知ってる範囲で紹介したいと思います。

 

ビットコインを手に入れる

ビットコインを入手する方法は自分が知っている限りでもいろいろあります。
多くの人は取引所で買って手に入れると思いますが、知らない人から買ったり、もらったりも出来ます。

  • 取引所で買う
  • 誰かから買う
    自分は使ったことがありませんが、Local bitcoins というビットコインを買いたい人と売りたい人をマッチングするサイトがあります。
    ちょっと使ってみたいのですが、ビットコインを送信した後でも、すぐにより高い手数料のトランザクションを発行すると前のトランザクションがキャンセルできてしまう(?)というのを聞いたことがあり、その辺よくわかってないとリスクがありそうです。
  • 誰かにもらう
    • 友達からもらう
      もしビットコインを持っている友達がいるなら、ビットコインに興味があるといってみましょう。我慢して一通り説明を聞いた後に、運が良ければもらえるかもしれません。
  • マイニングする
    個人でマイニングしても報酬を得るのは無理みたいです。マイニングしたい場合は、クラウドマイニングという、リソースを貸し出してマイニング報酬の一部を配当してくれるサービスを利用するしかなさそうです。
  • ATMを使う
    ビットコイン用ATMというのがどこかにあるらしいです。

     

    buenviaje.hatenadiary.j

  • Faucet でもらう
    Faucetサイトにアクセスすると少額のビットコインがもらえて、一定時間経過するごとに何回でももらえるそうです。
  • その他
    たぶんその他にもあるんじゃないでしょうか

     

    buenviaje.hatenadiary.jp


ビットコインを売る

ビットコインの価格が上がったり、飽きていらなくなったら、売りたくなると思いますが、これもだいたい取引所だと思います。

  • 取引所で売る
  • 誰かに売る(local bitcoins)


ビットコインを使う

通貨というくらいなので、ビットコインを使って買い物ができます。取引所で買ったり売ったりだけじゃツマラナイので、なにかに使いたくなってくるはずです。
ECサイト上での買い物はもちろん、場所は限られますがリアル店舗でもビットコインが使える店がありますし、デビッドカードを使えば使える店がもっと増えるみたいです。
自分はECサイトでのハードウェアウォレットの購入、リアル店舗でのハンバーガー代の支払いに使ってみました。

  • 寄付する
    ビットコインでの寄付を受け付けている団体もありますが、個人向けの寄付に使う方がビットコインっぽい気がします。アドレスをインターネット上に公開するだけで、だれでも寄付を募ることができます。
    多くのビットコイナーのブログ記事には寄付ボタンが設置されていて、簡単にビットコインで寄付することができるようになっています。
    この記事の最後にも設置しました(笑)
  • 投げ銭する
    ビットコインを手に入れる」のところで既に紹介しました。ツイッターアカウントに対して投げ銭できるので、有名人に対して一方的に投げ銭することもできます。

 

ウォレットアプリを入れる

取引所からPCやスマホに送金してみたくなると思います。特にスマホ上に持っておくとリアル店舗で使うのに便利です。
多くのビットコイナーは多額のビットコインを取引所に置いておくことは推奨していません。取引所がハックされてビットコインが盗まれる可能性があるからです(ビットコイナーのみなさんはこれをGOXと言ってます)。こうなると、基本的にその取引所のユーザーのビットコインは保証されない(返ってこない)ようです。
ただし、ウォレットについて何も知らない状態で使い始めると、何かのきっかけで秘密鍵の復元が必要になった時に復元できなくなるリスクがあります(ビットコイナーのみなさんはこれをセルフGOXと言ってます)。
自分も少額ですがセルフGOXした事があります。復元ワードをメモらずにスマホウォレットを使っていて、ソフトウェアアップデートかなにかのタイミングで秘密鍵の復元が必要になりアウトです。少額で勉強できたので、あのタイミングでのセルフGOXに逆に感謝しています。
なので、”セルフGOX の可能性”が”取引所GOXの可能性”より低くなったと判断してから、ウォレットを使う方がいいと思います。
最低限、「取引所からウォレットに少額送ってみる」「ウォレットから取引所に少額送ってみる」「ウォレットに少額入れた状態で秘密鍵復元してみる」はやってみた方がいいかと思います。

  • Webウォレット
    SNSやメールのアカウントを作る感覚で、ウォレット作成ができるのでなじみやすいかもしれませんが、サービス管理者が秘密鍵を管理しているという点で、取引所に置いているのと同じリスクがあるかと思います。
  • PCウォレット
  • モバイルウォレット
  • ペーパーウォレット
    完全にオフラインなのでとても安全な方法ですが、長期保存向けのウォレットのようです。ビットコインをはじめたばかりであれば、必要ないかと思います。
  • ハードウェアウォレット
    ビットコインウォレット専用の端末で、なんかいろいろ工夫がしてあってセキュリティが高いそうです。ビットコインが増えて来たら、こういうウォレットを使用した方がよさそうです。

 

ニュースを追いかける

特に何もしなくてもビットコイン関連のニュースを追いかけるだけで楽しいです。
例えば、どこかの取引所がGOXしたとか、The DAO事件とか、スケーリング問題でCoreとUnlimited がもめているとか。常にカオスでエキサイティングな業界です。
月単位、週単位で何か事件が起きて、リアルタイムで物事が進んでいくのを追いかけるは、おもしろいもの好きにとっては見逃せないです。
ビットコインやアルトコインを持っている場合は、自分がその事件に巻き込まれる可能性もあるわけですが…
自分は主にビットコインに詳しい方々をツイッターYouTubeでフォローしてます。
ビットコインに関するニュースの紹介や技術的な解説などもおもしろいし勉強になります。
ビットコインの歴史をまとめたので良ければこちらもチェックしてください。

buenviaje.hatenadiary.jp

ビットコインの歴史を知るという意味では映画もおすすめです。

buenviaje.hatenadiary.jp


ビットコイン関連ミートアップに参加する

周りにビットコインをやってる人がいない場合には特にオススメです。
ここではビットコインの話をしてもつまらなそうな顔をされることはありません(笑)。初対面でもビットコインの話題で盛り上がれると思います。
あと自分が参加したときは、ツイッターでフォローしているビットコイナーがたくさんいて、ちょっとだけテンションあがりました(笑)

ビットコイン関連のイベントについての記事も書いたので、よければチェックしてください。

buenviaje.hatenadiary.jp


アルトコインに手を出す

ビットコイン情報を集めようとビットコイナーをフォローしていると、いやでもアルトコインの存在を知ってしまうと思います。
だいたいの取引所ではアルトコインも取り扱っていると思うので、まずは利用中の取引所が取扱ってるコインを買ってみるのがお手軽です。
アルトコインはそれぞれコインごとに特徴があったり(なかったり?)で、面白いんですが、全部で何百も種類があるらしく全て調べるのはムリです。ひとつのコインについて調べるのもかなりの大変だと思います。自分は調べてもよくわからないので、やはり詳しい人をフォローして、自分ではあまり理解せずに買ったりしてます。
アルトコインはビットコイン以上に価格の変動が激しいものが多いと思います。以前、あるアルトコインが高騰した際、そのアルトコインのコミュニティはかなり盛り上がって、お祭り騒ぎでした。自分もいいタイミングで買っていたのでそのお祭り騒ぎを楽しみました。その後高騰前位の価格まで落ちてしまいましたが…
アルトコインを購入すれば、そんな興奮が味わえるかもしれません。もちろん大損する可能性も高いのと、詐欺もあるようなので気をつけて下さい。


カウンターパーティートークンで遊ぶ

先ほど紹介したアルトコインのひとつに、カウンターパーティーというものがあります。これを使うとユーザーが自分のトークンを発行することが出来ます。
このカウンターパーティートークンを使ってどんなすごいことが出来るのかよくわかってませんが、たくさんの方がこのトークンを発行して、遊んだり、実験したりしています。

  • トークンをもらう
    • Faucetでもらう
      ビットコイン同様、Faucetサイトがあります。
      いろいろなトークンが置いてあるので見るだけでも楽しいです。
    • 寄付のお返しでもらう
      ビットコインをつかう」で寄付ボタンを紹介しましたが、寄付を行うと多くの場合、お返しとしてブログ作成者が発行したトークンがもらえます。
      トークンによっては、一定数保有者専用のブログを読むことができたり、ビットコインの配当がもらえたりします。
      本ブログでも寄付のお礼にトークンをお返ししますが、特に特典はありません(笑)
  • トークンを作る
    カウンターパーティー(XCP)を手に入れて、そのXCPをいくらか払えば、IndieSquare walletというスマホアプリ上で作ることができます。
    自分で発行量や取引単位、画像を設定できます。
  • トークンを売買する
    IndieSquare walletというスマホアプリ上でトークンを売買することができます。
  • トークンアプリで遊ぶ
    • Takara
      スマホアプリです。地図上に誰かが落としたビットコイン(もしくはカウンターパーティートークン)を実際に現地まで行くことで拾うことができるアプリです。
      自分で好きな場所にビットコイントークンを落とすこともできます。

 

テレビ番組

ビットコイン関係のテレビ番組があります。Tokyo MXで放送されている「ビットガールズ」という番組です。今のところ番組内にビットコインはでてきませんが、先ほど紹介したカウンターパーティートークンを使った投票をしたり、賞金がもらえる秘密鍵獲得競争をしたりしてます。多分何も知らずにたまたま番組を見た視聴者はそんな企画やってるなんて知らないんじゃないでしょうか。内容はアイドルプロデュース番組で普通に面白いと思います。Tokyo MXが映らないエリアでも、「エムキャス」というアプリや、Youtube上で見ることができます。

以上です。
また面白いのを見つけたら追加したいと思います。

 

 

本ブログでは、ビットコインによる寄付を受け付けています。
寄付していただいたかたにはお礼として、Counter PartyトークンのJAGAトークンをお返しします。

Donate with IndieSquare

アイスランドでヒッチハイク

2014年5月

するつもりはなかったんですが、なりゆきで人生初のヒッチハイクをした話です。
きっかけはスティッキシュルムルという街で会った旅行者でした。


その日の朝、別の街に移動するためにバスを待っていました。予定時間を過ぎてもバスが来ないし、自分のほかに待っている人もいませんでした。おかしいなと思い時刻表をよく確認すると、その日はバスが走ってない曜日でした。
バスの本数が少ないのは予想していましたが、バスがない日があるなんて想定外です。よく見ると時刻表の下に書いてありました…

f:id:buenviaje:20161227000529j:plain

 

特に見るものもない小さい港町です。どこにも行けないので、めちゃくちゃヒマになってしまいました。
とりあえず、ガソリンスタンドの売店で朝ごはんを食べながらどうするか考えていました。
考えていると、となりに一人の旅行者が座りました。
彼女も昨夜この町に泊まったそうです。しかも、レイキャビクからヒッチハイクでこの町まで移動し、キャンプで夜を明かしたというツワモノでした。
「今日バスがなくてどこも行けないよ」という話をすると、
ヒッチハイクすればいいじゃん」
と言われました。
「たしかに」
彼女にその話をしたらそう言われるに決まってますね(笑)
今さっき彼女がヒッチハイクの話をしていたのに全く思いつきませんでした。
もともと治安のいい国だと聞いていましたが、女の子一人でやっているなら自分も大丈夫そうかなと思いながらも、なんとなくその気になれませんでした。車が捕まらなかったらどうするかとか、知らない人と車内で気まずいとか、心配性で人見知りの自分にはいろいろやりたくない理由がありました(笑)
「考えてみるよ」とあいまいな返事をして、出発の準備をすると言う彼女と別れた後、とりあえず町の中をぶらぶらしました。

f:id:buenviaje:20161227005612j:plain

 

もう移動する考えはなくて、明日のバスの時間まで何しようかを考えてました。
すると、またさっきの彼女に会いました。通り一本の狭い町なので、再会したのは偶然でもないです。
彼女はヒッチハイクをしてました。

どんな感じでやるのか興味があったので、冷やかし半分で様子を見てました。
あんまり車は走ってないですが、すぐに一台止まって、彼女が運転手と話しに行きます。
割とすぐに捕まるもんなんだなーと思いながら、見送るつもりでいると、「乗っていいよ」と言われました。

その車は彼女の目的地ではなく自分が行くつもりだった場所に行くらしく、僕を乗せてくれないか彼女が聞いてくれたようです。
いきなりでびっくりしましたが、運転手のおばちゃんも「いいよ」と言ってくれています。
「帰りに車が捕まらなかったらどうなるんだろ?」と頭の端で考えながらも助手席に乗り込んでいました。

捕まえてもらった車ですが、予想外の展開でヒッチハイクすることになりました。
彼女が捕まえた車で、自分はヒッチハイクなんてするつもりはなかったのに、なんだか彼女に少し申し訳ないような気持ちでお礼を言いました。

運転手のおばちゃんは地元の人で、ちょくちょくヒッチハイカーを乗せてあげているそうです。
途中の車内ではおばちゃんが、夏は辺り一面緑になってきれいだとか(行った時期は辺り一面茶色でした…)、山にまつわるトロールの話とか教えてくれました。
自分もアイスランドの風景がとてもに気に入ったというような話をしていると、30分くらいで無事到着。あっさりと目的地に来ることができました。
f:id:buenviaje:20170107160418j:plain

 

あまり乗り気じゃなかったヒッチハイクですが、やってみると地元の人とのおしゃべりも楽しいし、別にしゃべるネタがなくても気まずくなかったです。話が途切れたら、景色見たり写真撮ったりしてました。
このあと、その日の帰りや、次の日のレイキャビクまでの移動でもヒッチハイクしましたが、交通量が少ない道でも車が停まってくれる確率が高かったので、特に不安もありませんでした。
あと、逆にレンタカーで移動中にヒッチハイカーを乗せてあげたりもしました。

アイスランドは治安もよくて、停まってくれる車も多いので、初めてヒッチハイクするには比較的オススメかもしれません。(ほかの国でやったことがないので、わかりませんが。)

ヒッチハイクという初体験は少し旅行に慣れてきていた自分にとって刺激的で面白かったです。
旅行中に久々に緊張感と達成感のみたいなものを感じました。
旅行×初体験って面白いというのが発見でした。今後、旅行するときにちょっと意識してみようと思いました。
一番最初に車を捕まえてくれた彼女に感謝です。

 

 

本ブログでは、ビットコインによる寄付を受け付けています。
寄付していただいたかたにはお礼として、Counter PartyトークンのJAGAトークンをお返しします。

Donate with IndieSquare